透明のスリットアニメーションと、その原理解説

黒のストライプ(いわゆるスタンダードなやつ)から、
ポッキーや、年越しそば。
立体に浮き出て見えるバージョンなどなど。

今までも色んなスリットアニメーションをやってきましたが、今回は
透明のスリットアニメーション(スキャニメーション)!

まずは動画をご覧下さい。

 

 

透明なのに動いて見える??どうなってるの?

スリットアニメーションの最大の特徴は

何といっても、名前の通り、シマシマのスリットシートでした。

6コマのイラストを1枚に合成。

スリットが「1/6だけ見える隙間」になっているので、

シートを重ねてスライドさせると、パラパラ漫画の原理で動いて見える、というものでした。

 

ところが今回は、「その最大の特徴」がなくなったのです。

透明なのに動いて見える!?

 

どういうこと?

 

結論から言うと、透明なのに動いて見える理由は、

今回使用した透明なやつ、

みなさんご存知『レンチキュラー』だからです。

 

 

 

 

 

知らねえよ!

 

 

レンチキュラー(レンチキュラーレンズ)とは?

え?レンチキュラー知りませんか?

いやいや、名前は知らなくとも、絶対に知ってますよ。

見る角度を変えると絵柄がかわる下敷きとかカード、むかし遊びませんでしたか?

 

↑こういうやつです!!

 

どういう仕組み?なぜ動いて見える?

レンチキュラーレンズは、表面にカマボコのような突起が等間隔に並んでいます。

これがミソです。

 

この突起1つの(幅の)中に、

2コマなら2枚のイラスト

3コマなら3枚のイラストを入れ込みます。

↓↓例)3コマの場合↓↓

 

そうすることで、見る角度に応じて見えるイラストが変わってくる、というわけです。

 

今回の「透明なスリットアニメーション」は、これの逆。

視点は一定なので

シート(レンチキュラー)の方を動かすことで

イラストが動いて見えた、というわけです。

 

▼ほかにも色々

 

スリットアニメーション.com| ちょっと不思議なぱらぱらマンガ