スリットアニメーションを作るときのコツ

スリットアニメーション(スキャニメーション)を作るときに
まず知っておいてもらいたいのが2つあります。

————————-
①ループ動画にする
②数を増やすとより滑らかに見える
————————-

です。

①ループ動画にする

最終コマが終わった後、次のコマ、つまり1コマ目がつながっていると
連続したアニメーションに見えて非常になめらかです。

逆に、最終コマと最初のコマがつながっていない、つまり
ループ性のないアニメーションはあまり適しません。

例えていうなら、
水泳の「クロール」はループ性があるので適しています。
サッカーのシュートはループ性がないのでスリットアニメーションには適しません。

 

②数を増やすとより滑らかに見える

これを知ってるだけで、初級レベルはクリアといっていいです。
わかりやすくするため、図で説明します。

丸が1個あります。これを6コマで1週させるには、
当然ながらこんな感じになります。


 

1コマの移動角度は60度です。結構動きますね。
 
ところが、丸を5つ作って、それを回転させる、となるとどうでしょう。


1コマの移動角度が12度。めっちゃ少ない!
小さく移動するということは
非常になめらかな動きに見えるというわけです。

これを知っているといないとでは全然違います。

カテゴリー: News   パーマリンク