考える力を刺激する【不思議学習】~論理的思考力を身に着ける~

なぜ?どうして?考える力を刺激する「不思議学習」
~算数的アタマの使い方~

▼不思議学習についての詳細はこちら
http://howcang.com/?p=1417


数字やカタチ(図形)の不思議や身近な疑問、
「どうしたら出来るか」を考える授業。題して、「不思議学習」。

 

●マンホール(のふた)はどうして丸い?

●新幹線の座席はどうして、「2列+3列」

●カレンダーの不思議「毎月22日はショートケーキの日」(実際にそう言われているようです)??どうして?

●10円玉のまわりを、同じ大きさの10円玉をくる~っと回転させると、
1週するとき何回転?

など

不思議なものを目にすると、人は「知りたい!」って思うんです。手品を見ると、タネが「知りたい!」って思いますよね。それと同じです。

ただ、不思議学習が手品と違うのは

●手品はタネを明かしません

●不思議学習は、(論理的に考えて)タネを導き出す

ってこと。

 

■何故できないか、ではなく「どうしたら出来るか」という思考回路が身に付きます。

 

是非みなさんもやってみてください。

ネタは何でもいいんです。

不思議なものを目にして「さあ、どうなってるんでしょうか!」って一言くわえたら

子供たちはもちろん、大人も目を丸くして考えることを楽しんでくれますよ

 

少し動けるスペースがあれば、〇×クイズにして(教室右半分が〇、左半分が×など)、移動形式にすると「あーでもねえ」「こーでもねえ」とより論争が活発になります!

 

 

 

 

ml04

「知りたい」は人間の本能です。
そのためのきっかけ作りに「不思議」というツールをちょっとだけ使っているのです。

「不思議の世界にはまってみる」、
そんな経験をされてみてはいかがでしょうか?
学習塾や親子イベントとしてご参考ください。^^

(右バナーは、山口大学教育学部での公演)

 

出前授業、資料提供や実施の無料アドバイスなどに関するご相談はこちら

 

カテゴリー: News, 未分類   パーマリンク